世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ピックアップpickup

“名城2世”近大出身の峯佑輔が六島ジムからプロデビュー

2019.05.30 610gym

“名城2世”近大出身の峯佑輔が六島ジムからプロデビュー


デイリースポーツ

プロボクシングの六島ジムが30日、大阪市内で会見を開き、近大ボクシング部で副主将を務めた峯佑輔(23)が同ジムからプロデビューすると発表した。

【写真】近大ボクシング部・名城信男監督「選手には感謝しかない」

峯は「関西だったら六島しかない。チャンピオンもいるし、(トレーナーの)武市先生も慕っている。間違いないと思った」と語り、「プロになりたいと、ずっと思っていた。お金を稼いで贅沢な暮らしをしたい」と野心をむき出しにした。

会見に同席した武市トレーナーは「アマで実績のあるボクサーが来てくれて責任もある。世界チャンピオンを取らせないといけない。まず来年にはアジアのタイトルに手が届くところに行かせられると思う」と青写真を描いた。7月7日にプロテストを受験し、今夏にもプロデビューする予定。

近大から六島ジムに入門した経歴は、元WBA世界スーパーフライ級王者で現近大ボクシング部監督の名城信男氏に重なる。峯は名城監督から「頑張れ」と言葉を掛けてもらったといい、枝川会長は「“名城2世”を目指す」と有望株に期待を寄せた。

◆峯佑輔(みね・ゆうすけ)1996年5月22日、大阪府柏原市出身。幼少期は正道会館で空手に親しみ、大阪・興国高入学からボクシングを始めた。高校3年時の14年に全国高校総体ライトフライ級で準優勝、国体少年の部ライトフライ級で優勝。近大経営学部進学後は15年台北カップ・フライ級優勝、17年全日本選手権フライ級3位。アマ戦績は51勝10KO12敗。身長168センチ。右オーソドックス。血液型O。

 

デイリースポーツより

 

峯佑輔ギラつきプロ転向会見「ぜいたくな暮らしを」


日刊スポーツ

関西の大学ボクシング界強豪近大の元副主将・峯佑輔(23=六島)が30日、大阪市内の同ジムでプロ転向会見を行った。峯は「お金を稼いで、ぜいたくな暮らしがしたい」とギラついた言葉で理由を語り、世界王者を目指す夢を口にした。6月にプロテストを受け、今夏デビュー予定。フライ~バンタム級で適正階級を探っていく。

【写真】大阪府庁を表敬訪問した峯佑輔ら(2015年撮影)

峯は5歳から正道会館で空手を始めた。「K-1がめっちゃ好きで、昔からプロの格闘家になろうと思っていました」という。井岡一翔らを輩出した興国高でボクシングに転向し、3年で国体(少年の部)ライトフライ級に優勝。近大では六島ジムOBの元WBAスーパーフライ級王者・名城信男ヘッドコーチ(現監督)の指導を受け、フライ級で台北杯優勝、全日本選手権3位と活躍し、アマ通算51勝(10RSC)12敗の実績を残した。

峯はプロ転向にあたり、関東のジムも調べたが「ピンと来るところがなかった。関西でお世話になるなら、ここしかないと思いました」と六島ジム入りを決めた。同ジムは元世界王者の名城氏ほか、日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィックなどの地域王者を輩出してきたが、ほとんどが“たたき上げ”。アマチュアの王者入門は初めてになる。峯を担当する武市晃輔トレーナーは「うれしいことですが、彼には(世界王座を)取らせないとダメ」と、ジムを挙げて世界王者に育てる覚悟を明かした。

 

日刊スポーツより

 

 

アマチュアボクシングチャンピオンが、初めて六島ジムからプロデビューします

 

数ある大手ジムではなく、六島ジムを選んでくれました

 

お礼には、世界チャンピオンになってもらうことですね

 

名城監督の近畿大学からの六島ジム入り

 

名城2世!

 

名城さんのプロデビュー8戦目を超えて、世界チャンピオンになってくれることを期待します

 

 

武市トレーナーとコンビを組んで、世界を狙って行きます

 

応援よろしくお願い致します!

 

 

 

 

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み