世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ジムニュースgym-news

沖縄で敗退の比嘉大吾「結果がすべて」 西田殊勲の判定奪取 WBO・APバンタム級戦 

2021.04.25 610gym

thumbnail

比嘉、沖縄でまさかの敗北――WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチは24日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われ、チャンピオンで元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(Ambition)が挑戦者5位の西田凌佑(六島)に12回0-3の判定負けを喫する大番狂わせとなった。

殊勲の西田はアマから転向してこれが4戦目。郷里でKO勝ちを狙って出てくる比嘉を相手に、ひるむことなくサウスポーからの右ジャブ、左ストレートで迎え打った。比嘉は17勝全KOの強打を振り回したが、西田にうまくかわされミス・ブローを連発した。

 西田は守るだけでなく、攻めては右手を有効に用いてジャブを突き、接近戦でも左ストレート、右フック、左ボディアッパーで迎え打ちし、優勢裡に試合を運んだ。比嘉は初回からポイントをリードされ、苦しい展開が続く。時折右ロングを決めるもすぐ西田に反撃され、明白にラウンドを支配できない。10回は3ジャッジとも10-9で比嘉優勢としたものの、疲労の色濃い11、12回も失点。スコアは117-111×2、118-110と大差がついた。

 アウェーで堂々の勝利を挙げた西田は、前戦(12月)で世界戦経験者の大森将平(ウォズ)を食って注目されたのに続く殊勲。これが本当の出世試合となった。

 S・バンタム級から下げた西田は、「自分の左ボディで下がってくれたので体格差を生かし、押し勝つことができた。この勝ちは大きい。僕の名前を憶えてください」とアピール。「(比嘉の)プレッシャーがきつくて、シンドかった」と試合を振り返りつつ、今後については「まだまだ強い人が一杯いるので、1試合ずつ決められた試合を勝って上に行きたい」と落ち着いて今後を語った。 

 六島ジムはストロング小林が比嘉に奪われたタイトルを西田で取り戻し、枝川会長は「試合は想定通りだった」としてやったりの笑顔。一方敗れた比嘉は「自分のボクシングができずに負けてしまった。結果がすべてです」と地元での敗北に無念そうだった。17勝17KO2敗1分。写真=沖縄タイムス

ボクシングビートです

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み