世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ジムニュースgym-news

向井 日本タイトル挑戦‼️

2015.08.25 610gym

thumbnail

向井が日本タイトル挑戦‼️
9月16日 京都島津アリーナ
日本バンタム級タイトルマッチ 10R
チャンピオン
大森将平(ウォズ)
vs
チャレンジャー 同級6位
向井寛史(六島)
応援よろしくお願いします!
古都で”南京都高対決”実現 日本王者・大森が9月16日に初防衛戦
デイリースポーツ 5月11日(月)20時2分配信
 ボクシングの日本バンタム級王者・大森将平(22)=ウォズ=が同級6位・向井寛史(29)=六島=と9月16日に京都市・島津アリーナで初防衛戦を行うことが11日、決まった。4月13日の試合で京都のジムに25年ぶり王座を持たらしたホープが、京都初のタイトル戦で南京都高(現京都広学館高)の先輩を迎え撃つことになった。
 ロンドン五輪金メダリスト・村田諒太、WBC世界バンタム級王者・山中慎介を輩出した名門出身で、ともに名伯楽・故武元前川監督の教え子。”武元軍団”同士、古都で熱い戦いとなりそうだ。
 大森は”神の左”山中を目標に、KOを量産する将来の世界王者候補。「神に対抗して”魔の左”」と、自らの必殺レフトを名付けた。向井戦をクリアすれば、来年にも世界戦が視界に入る。「5回までにKO」と先輩へ宣戦布告。山中との世界王座統一戦の夢へ向け、負けられない。
 向井は2度の世界戦挑戦経験があるテクニシャン。高校時代は同級生の村田が主将で、自身は副主将を務めた。フライ級、スーパーフライ級を主戦場としてきたが階級を上げた前戦で勝利し、バンタム級でランク入り。大森からのオファーに「やります」と即答した。後輩相手に意地を見せ、存在感をアピールしたいところだ。
 同興行はW日本タイトル戦で、4月30日に日本ライト級王座を獲得した同僚の徳永幸大(25)は同級5位・鈴木悠平(25)=真正=と初防衛戦を行う。
デイリースポーツ

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み