Result 試合結果
You will be the champion 8
開催日:2017.04.16 試合会場: 住吉区民センター
51.8㎏契約 4R
○古谷昭男(六島) VS ●岡村直樹(エディタウンゼント)
<2R 1分49秒 TKO勝ち>
西日本新人王予選 スーパーバンタム級 4R
○原 優奈(六島) VS ●竹嶋海刀(勝輝)
<3-0 判定勝ち 40-36 39-37 39-37>
西日本新人王予選 ミニマム級 4R
○ぴょん拓也(六島) VS ●栗林卓也(尼崎)
<1R 2分57秒 KO勝ち>
スーパーフェザー級 6R
○鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級14位
●キム・ガラム(韓国)
<2-0 判定勝ち 59-56 58-57 57-57>
OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋ミドル級・WBCユース世界同級チャンピオン WBA世界同級13位
○太尊康輝(六島)
VS OPBF東洋太平洋ミドル級11位
●アン・サンジェ(韓国)
<4R 2分7秒 KO勝ち>
You will be the champion 7
開催日:2017.04.09 試合会場: 住吉区民センター
スーパーフライ級 8R
OPBF東洋太平洋フライ級15位・日本同級12位
○坂本真宏(六島)
VS ●ペットナラー・ペットプームジム(タイ)
<1R 2分42秒 KO勝ち>
スーパーバンタム級 8R
OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオン IBF世界同級10位・WBC世界同級15位
○マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS ●ニンモンコン・ペットプームジム(タイ)
<2R 2分10秒 TKO勝ち>
71㎏契約 8R
前OPBF東洋スーパーウェルター級&日本同級チャンピオン OPBF同級13位・日本同級4位
○細川貴之(六島)
VS ●ティーラーサック・ケーマックスジム(タイ)
<3-0 判定勝ち 80-72 79-73 79-75>
WBOアジアパシフィック・WBOインターナショナル・WBCアジアスーパーフライ級タイトルマッチ
開催日:2017.03.11 試合会場: 香港コンベンションセンター
スーパーバンタム級 8R
元OPBF東洋太平洋バンタム級12位・元日本スーパーバンタム級15位
⚫️ストロング小林佑樹(六島)
VS OPBF東洋太平洋バンタム級1位
○レイ・メグリノ(フィリピン)
<1R 23秒 KO負け>
WBOアジアパシフィック・WBOインターナショナル・WBCアジアスーパーフライ級タイトルマッチ 12R
WBOアジアパシフィックスーパーフライ級チャンピオン
⚫️向井寛史(六島)
VS WBOインターナショナル・WBCアジアスーパーフライ級チャンピオン
○レックス・ツォー(香港)
<8R 37秒 KO負け>
六島・堺東ミツキ&勝輝合同興行
開催日:2016.12.11 試合会場: エル・シアター
フライ級 4R
⚫️古谷昭男(六島) VS ◯湊 義生(JM加古川)
<0-3 判定負け 36-38 35-39 34-40>
50㎏契約 4R
◯ぴょん拓也(六島) VS ⚫️平野正哲(グリーンツダ)
<3-0 判定勝ち 39-37 39-38 40-38>
スーパーバンタム級 4R
△原 優奈(六島) VS △下町俊貴(グリーンツダ)
<1-0 引き分け 39-37 39-38 40-38>
スーパーバンタム級 8R
△鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS △此村 勇(堺東ミツキ)
<0-1 引き分け 75-78 77-77 76-76>
You will be the champion6
開催日:2016.11.23 試合会場: 住吉スポーツセンター
WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦 12R
WBOアジアパシフィックフライ級5位
●坂本真宏(六島)
VS WBOアジアパシフィックフライ級4位
○木村 翔(青木)
<0-2 判定負け 114-114 112-116 112-116>
WBOアジアパシフィックスーパーフライ級王座決定戦 12R
WBOアジアパシフィックスーパーフライ級4位
○向井寛史(六島)
VS WBOアジアパシフィックスーパーフライ級3位
●インタノン・シッチャモアン(タイ)
<2R 1分27秒 TKO勝ち>
OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋ミドル級1位
○太尊康輝(六島)
VS OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン
●ドゥワイト・ リッチー(オーストラリア)
<3-0 判定勝ち 116-111 116-111 115-112>
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級チャンピオン
●細川貴之(六島)
VS OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級11位
○大石 豊(井岡弘樹)
<1-2 負傷判定 11R1分42秒 106-103 104-106 104-105>
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
開催日:2016.11.11 試合会場: 神戸中央体育館
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋バンタム級1位
⚪️マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオン
⚫️山本隆寛(井岡)
<5R 2分19秒 TKO勝ち>
IBFアジアスーパーバンタム級タイトルマッチ
開催日:2016.11.06 試合会場: 韓国ソウル
IBFアジアスーパーバンタム級タイトルマッチ 12R
元日本スーパーバンタム級15位
⚫️ストロング小林佑樹(六島)
VS IBFアジアスーパーバンタム級チャンピオン
⚪️キム エイジョン(韓国)
<0-3 判定負け 112-116 112-117 110-119>
610 BOM-BA-YE 8
開催日:2016.07.31 試合会場: 住吉区民センター
スーパーバンタム級 4R
⚪️原 優奈  (六島) VS ⚫️今橋 将勇  (姫路木下)
<2R 2分0秒 TKO勝ち>
53kg契約  8R
⚪️ストロング小林祐樹  (六島) VS ⚫️神之浦 博  (真正)
<3-0 判定勝ち 78-76 77-75 78-74>
フライ級 8R
OPBF東洋太平洋フライ級8位   日本フライ級14位
⚪️坂本 真宏  (六島)
VS ⚫️諸 一宇  (尼崎)
<3-0 判定勝ち 78-73 79-72 80-71>
バンタム級 8R
OPBF東洋太平洋バンタム級13位  日本バンタム級10位
△向井 寛史  (六島)
VS △川端 遼太郎  (真正)
<3R 1分13秒 負傷引き分け>
75kg契約 8R
WBCユース世界ミドル級チャンピオン  OPBF東洋太平洋ミドル級3位  日本ミドル級5位
△太尊・康輝  (六島)
VS OPBF東洋太平洋ミドル級7位
△イ・ジュヨン(韓国)
<1-0 引き分け 76-75 76-76 76-76>
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ  12R
チャンピオン
△細川 貴之  (六島)
VS チャレンジャー  同級4位
△斎藤 幸伸丸  (輪島)
<0-1 引き分け 111-115 113-113 113-113>
Art of Boxing
開催日:2016.07.31 試合会場: 住吉区民センター
50.5kg契約 4R
⚫️古谷昭男(六島) VS ⚪️中村匠志(フュチュール)
<1-2 判定負け 39-38 38-39 37-39>
フェザー級 6R
⚪️鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ⚫️武市大輔(真正)
<3-0 判定勝ち 59-57 59-57 59-56>
西日本新人王準決勝
開催日:2016.07.18 試合会場: 尼崎エーリックホール
西日本ミニマム級新人王準決勝 4R
●ぴょん拓也(六島) VS ○冨田大樹(堺東ミツキ)
<1-2 判定負け 39-38 38-39 37-39>
Hong Kong
開催日:2016.05.14 試合会場: Hong Kong Convention and Exhibiton Center
148p契約 8R
元日本スーパーライト級13位
⚫️ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS ⚪️ジェイ・ソルミアーノ(フィリピン)
<2R 2分37秒 TKO負け>
やまもと歯科・小児歯科プレゼンツ「610ヤングフェスティバル5」
開催日:2016.04.17 試合会場: 住吉区民センター
西日本新人王予選 ミニマム級 4R
⚪️ぴょん拓也(六島) VS ⚫️伊藤翔太(八尾)
<4R 2分33秒 TKO勝ち>
フライ級 8R
日本フライ級15位
⚪️坂本真宏(六島)
VS 日本ライトフライ級14位
⚫️油田京士(エディタウンゼント)
<2-0 判定勝ち 77-75 77-75 76-76>
バンタム級 10R
OPBF東洋太平洋バンタム級1位・日本同級12位
⚪️マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS 日本スーパーフライ級11位
⚫️久高寛之(仲里)
<3-0 判定勝ち 98-94 97-93 97-95>
WBC世界ユースミドル級王座決定戦 10R
OPBF東洋太平洋ミドル級9位・日本同級6位
⚪️太尊康輝(六島)
VS 前WBC世界ユーススーパーウェルター級チャンピオン
⚫️ペッチスリヤー・シンワンチャー(タイ)
<1R 2分50秒 KO勝ち>
森岡興行
開催日:2016.03.20 試合会場: 五月山体育館
スーパーバンタム級 6R
⚫️鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ⚪️藤岡拓弥(VADY)
<0-2 判定負け 57-57 57-58 57-59>
バンタム級 8R
日本バンタム級8位
⚪️向井寛史(六島)
VS ⚫️和氣年邦(M.T)
<7R 1分 TKO勝ち>
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
開催日:2015.12.31 試合会場: エディオンアリーナ
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋バンタム級13位
⚫️ストロング小林佑樹(六島)
VS OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオン
⚪️山本隆寛(井岡)
<2R 1分6秒 TKO負け>
風間ジム興行
開催日:2015.12.27 試合会場: 阿倍野区民センター
51.4kg契約 4R
⚪️古谷昭男(六島) VS ⚫️平野正哲(グリーンツダ)
<3-0 判定勝ち 40-37 40-36 39-37>
バンタム級 8R
OPBF東洋太平洋バンタム級2位・日本同級14位
⚪️マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS 日本スーパーフライ級12位
⚫️久高寛之(仲里)
<3-0 判定勝ち 79-73 78-73 77-74>
全日本新人王決定戦
開催日:2015.12.20 試合会場: 後楽園ホール
全日本新人王ミニマム級決定戦 5R
新人王ミニマム級西軍代表
⚫️北村流生(六島)
VS 新人王ミニマム級東軍代表
⚪️小浦 翼(E&Jカシアス)
<0-3 判定負け 49-45 44-50 44-50>
全日本新人王フライ級決定戦 5R
新人王フライ級西軍代表
⚪️坂本真弘(六島)
VS 新人王フライ級東軍代表
⚫️志賀弘康(石神井スポーツ)
<3R 2分7秒 KO勝ち>
千里馬ジム興行
開催日:2015.12.06 試合会場: 神戸サンボーホール
ライト級 6R
⚫️塚元斗夢ヤンくん(六島) VS 日本スーパーフェザー級2位
⚪️松下拳斗(千里馬神戸)
<0-3 判定負け 54-60 54-60 54-60>
「You will be the champion 5」
開催日:2015.11.22 試合会場: 住吉スポーツセンター
58.4kg契約 4R
デビュー
⚫️藤岡大地(六島)
VS ⚪️キューピー翼(グリーンツダ)
<4R 2分40秒 KO負け>
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ 12R
IBF世界スーパーウェルター級5位・OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級1位&日本同級1位
⚪️細川貴之(六島)
VS OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級チャンピオン
⚫️デニス・ローレンテ(フィリピン)
<2-1 判定勝ち 115-113 115-114 110-118>
第41代OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン・第53代日本ミドル級チャンピオン
鈴木哲也引退式
VS
<引退>
新人王西軍代表決定戦
開催日:2015.11.15 試合会場: エディオンアリーナ第二競技場
ミニマム級西軍代表決定戦 4R
西日本新人王
⚪️北村流生(六島)
VS 中日本・西部日本新人王
⚫️安藤勇太(畑中)
<3-0 判定勝ち 38-36 38-36 38-36>
フライ級西軍代表決定戦 5R
西日本新人王
⚪️坂本真宏(六島)
VS 中日本・西部日本新人王
⚫️吉房克曜(トヤマ)
<2-1 判定勝ち 49-47 49-46 47-48>
OPBF東洋太平洋&日本ミドル級タイトルマッチ
開催日:2015.11.09 試合会場: 後楽園ホール
OPBF東洋太平洋&日本ミドル級タイトルマッチ 12R
OPBF東洋太平洋ミドル級1位&日本同級5位 チャレンジャー
⚫️前原太尊・康輝(六島)
VS IBF世界ミドル級11位 OPBF東洋太平洋&日本ミドル級チャンピオン
⚪️柴田明雄(ワタナベ)
<7R 1分31秒 TKO負け>
西日本新人王決勝
開催日:2015.09.27 試合会場: 大阪府立体育会館第二
西日本新人王ミニマム級決勝 5R
⚪️北村流生(六島) VS ⚫️平井亮輝(千里馬神戸)
<3-0 判定勝ち 49-46 48-47 48-47>
西日本新人王ライトフライ級決勝 6R
⚫️香美の子岡村ケントキッド(六島) VS ⚪️ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)
<1R 2分42秒 TKO負け>
西日本新人王フライ級決勝 4R
⚪️坂本真宏(六島) VS ⚫️村上博英(大阪帝拳)
<2R 2分59秒 KO勝ち>
日本ダブルタイトルマッチ
開催日:2015.09.16 試合会場: 京都・島津アリーナ
日本バンタム級タイトルマッチ
日本バンタム級6位・OPBF東洋太平洋スーパーフライ級8位
⚫️向井寛史(六島)
VS 日本バンタム級チャンピオン・WBC世界バンタム級6位・IBF世界バンタム級9位
⚪️大森将平(WOZ)
<6R 1分37秒 TKO負け>
PEGASUS SUPER FIGHT
開催日:2015.08.23 試合会場: 神戸芸術センター
63.0kg契約 6R
⚫️塚元斗夢ヤンくん(六島) VS 元日本スーパーライト級12位
⚪️百田諭志(千里馬神戸)
<0-3 判定負け 56-58 56-58 56-58>
スーパーバンタム級 6R
⚪️鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ⚫️中里祐也(鈴鹿ニイミ)
<3-0 判定勝ち 59-55 59-55 59-55>
53.0kg契約 8R
OPBF東洋太平洋フライ級9位・日本フライ級6位
⚫️最暴愚畷谷(六島)
VS IBF世界スーパーフライ級5位・日本スーパーフライ級1位
⚪️帝里木下(千里馬神戸)
<1-2 判定負け 77-76 76-77 76-78>
You will be the champion4
開催日:2015.08.02 試合会場: 大阪府立体育会館第二競技場
スーパーフライ級 4R
デビュー
⚪️古谷昭男(六島)
VS ⚫️スミーマン翔騎(塚原京都)
<2-1 判定勝ち 40-37 40-38 38-39>
54.5kg契約 8R
OPBF東洋太平洋バンタム級4位
⚪️マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS ⚫️石橋 俊(仲里)
<3-0 判定勝ち 79-73 79-75 77-76>
68.5kg契約 8R
IBF世界スーパーウェルター級9位・OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級2位・日本スーパーウェルター級1位
⚪️細川貴之(六島)
VS 韓国ウェルター級チャンピオン・OPBF東洋太平洋ウェルター級12位
⚫️梁 正勲(韓国)
<3-0 判定勝ち 78-75 78-76 77-76>
74.5kg契約 8R
OPBF東洋太平洋ミドル級1位・日本ミドル級7位
⚪️前原太尊・康輝(六島)
VS ⚫️クンサックイークオー・ブーンチャイ(タイ)
<2R 2分59秒 KO勝ち>
西日本新人王準決勝二部
開催日:2015.07.19 試合会場: 尼崎エーリックホール
ミニマム級 4R
⚫️オリビア長谷拓也(六島) VS ⚪️冨田大樹(堺東ミツキ)
<0-3 判定負け 38-39 38-39 37-39>
西日本新人王準決勝
開催日:2015.07.19 試合会場: 尼崎エーリックホール
西日本新人王ミニマム級 4R
⚪️北村流生(六島) VS ⚫️吉村尚樹(尼崎亀谷)
<3-0 判定勝ち 40-35 40-35 40-35>
西日本新人王ライトフライ級 4R
⚪️香美の子岡村ケントキッド(六島) VS ⚫️勝江 仁(高砂)
<3-0 判定勝ち 39-37 39-37 39-38>
西日本新人王フライ級 4R
⚪️坂本真宏(六島) VS ⚫️中庄谷航大(明石)
<2R 2分9秒 KO勝ち>
ダイヤモンドグローブ&DANGAN130
開催日:2015.06.08 試合会場: 後楽園ホール
スーパーバンタム級 8R
元OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級12位・元日本スーパーバンタム級4位
⚫️高田小次郎(六島)
VS OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級10位・日本スーパーバンタム級2位
⚪️久我勇作(ワタナベ)
<2R 1分57秒 TKO負け>
三田から世界へ5
開催日:2015.06.07 試合会場: 三田・郷の音ホール
バンタム級 6R
OPBF東洋太平洋バンタム級11位
⚪️マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS 元WBA世界ミニマム級暫定チャンピオン
⚫️ファン・ランダエダ(ベネズエラ)
<3-0 判定勝ち 60-53 59-54 59-54>
やまもと歯科・小児歯科 PRESENTS You will be the champion Ⅲ
開催日:2015.04.19 試合会場: 住吉区民センター
西日本新人王予選フライ級 4R
◯坂本真宏(六島) VS ⚫️井上宜久(真正)
<4R 2分14秒 TKO勝ち>
ライト級 6R
◯塚元斗夢ヤンくん(六島) VS 元日本スーパーフェザー級12位
⚫️松田雄太(SFマキ)
<2R 2分36秒 KO勝ち>
スーパーライト級 8R
日本スーパーライト級13位
⚫️ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS 日本スーパーライト級5位
◯細川バレンタイン(宮田)
<0-3 判定負け 76-77 74-79 74-78>
55kg契約 8R
OPBF東洋太平洋スーパーフライ級12位 日本フライ級9位
◯向井寛史(六島)
VS 元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級チャンピオン OPBF東洋太平洋バンタム級11位   日本バンタム級5位
⚫️冨山浩之介(ワタナベ)
<3-0 判定勝ち 79-75 78-75 79-73>
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ 10R
IBF世界スーパーウェルター級9位   日本スーパーウェルター級1位
△細川貴之(六島)
VS IBF世界スーパーウェルター級13位/WBO世界スーパーウェルター級14位   日本スーパーウェルター級チャンピオン
△野中悠樹(渥美)
<1-1 引き分け 96-95 95-96 96-96>
「ワールドプレミアムボクシング21 The REAL」
開催日:2015.04.16 試合会場: ボディメーカーコロシアム
ライトフライ級 4R
⚫️オリビア長谷拓也(六島) VS ◯前田尊明(真正)
<1R 26秒 TKO負け>
バンタム級 8R
◯マーク・ジョン・ヤップ(六島) VS 日本バンタム級13位
⚫️池水達也(大阪帝拳)
<3-0 判定勝ち 77-75 77-75 77-76>
610ヤングフェスティバル4
開催日:2015.04.05 試合会場: 住吉区民センター
西日本新人王予選ミニマム級 4R
◯北村流生(六島) VS ⚫️濱口直哉(金沢)
<3-0 判定勝ち 40-36 40-36 40-36>
西日本新人王予選ライトフライ級 4R
◯香美の子岡村ケントキッド(六島) VS ⚫️中村匠志(フュチュール)
<3-0 判定勝ち 39-37 39-37 39-36>
56.4kg契約 6R
⚫️鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS 2014年スーパーフェザー級新人王西軍代表
◯脇田将士(堺東ミツキ)
<0-2 判定負け 57-57 56-58 56-58>
スーパーバンタム級 8R
元日本スーパーバンタム級15位
◯ワイプランニング小林佑樹(六島)
VS OPBF東洋太平洋バンタム級13位
⚫️松岡 輝(大成)
<5R 1分29秒 TKO勝ち>
51.8kg契約 8R
日本フライ級8位
◯最暴愚畷谷(六島)
VS
⚫️谷口大樹(大成)
<6R 1分50秒 TKO勝ち>
ミドル級 8R
OPBF東洋太平洋ミドル級5位 日本ミドル級6位
◯前原太尊・康輝(六島)
VS 元日本ミドル級チャンピオン
⚫️佐々木左之介(ワタナベ)
<7R 2分18秒 TKO勝ち>
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
開催日:2014.12.28 試合会場: 住吉区民センター
51.5kg契約 4R
デビュー戦
○坂本真宏(六島)
VS ●平沼裕介(フュチュール)
<3-0 判定勝ち 39-38 39-37 39-37>
スーパーバンタム級 6R
△鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS △川村嘉規(尼崎亀谷)
<1-1 引き分け 58-56 57-58 58-58>
スーパーバンタム級 8R
日本スーパーバンタム級15位
●ストロング小林佑樹(六島)
VS 元日本バンタム級1位
○丹羽賢史(グリーンツダ)
<1-2 判定負け 77-76 75-77 75-78>
56kg契約 8R
日本スーパーバンタム級14位
●高田小次郎(六島)
VS 元WBA世界スーパーバンタム級4位
○菊池永太(真正)
<0-3 判定負け 75-78 74-78 74-79>
IBFアジアジュニアミドル級王座決定戦
開催日:2014.12.12 試合会場: タイ・バンコク バンコクトンブリー大学
IBFアジアジュニアミドル級王座決定戦 12R
IBF世界ジュニアミドル級11位
○細川貴之(六島)
VS ●モセス・セラン(インドネシア)
<1R 1分38秒 TKO勝ち>
610BOM-BA-YE7
開催日:2014.11.24 試合会場: 住吉区民センター
ミニマム級 4R
○オリビア長谷拓也(六島) VS ●細川士義(神拳阪神)
<3R 1分13秒 TKO勝ち>
51kg契約 4R
△香美の子岡村ケントキッド(六島) VS △杉山拓也(神拳阪神)
<1-1 引き分け 39-38 37-39 >
スーパーバンタム級 8R
元OPBF東洋太平洋バンタム級13位
●マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS 元OPBF東洋太平洋フェザー級15位
○上谷雄大(井岡)
<5R 2分10秒 TKO負け>
52kg契約 8R
日本フライ級10位
○最暴愚畷谷(六島)
VS 日本フライ級13位
●長田瞬志(堺東ミツキ)
<3-0 判定勝ち 77-75 77-75 79-72>
スーパーライト級 8R
日本スーパーライト級13位
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS ●大浦純生(泉北)
<3-0 判定勝ち 78-76 78-76 77-75>
ミドル級 8R
日本ミドル級6位
○前原太尊・康輝(六島)
VS WBCユース世界スーパーウェルター級チャンピオン・WBC世界スーパーウェルター級29位
●ペッチスリア・シンワンチャー(タイ)
<4R 1分39秒 KO勝ち>
開催日:2014.11.14 試合会場: 府立第2
51.5kg契約 4R
○ゴルゴ齋藤~ン健司(六島) VS ●宮垣 凌(真正)
<3-0 判定勝ち 38-36 38-36 38-36>
強拳
開催日:2014.10.13 試合会場: 堺市産業振興センター
ライトフライ級 4R
●北村流生(六島) VS ○小島弘也(泉北)
<0-3判定負け 38-37 36-39 36-39>
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
開催日:2014.08.10 試合会場: 住吉区民センター
48.5kg契約 4R
○北村流生(六島) VS ●松岡 新(TAISEI)
<3-0 判定勝ち 40-36 40-36 39-37>
スーパーバンタム級 6R
●鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ○川瀬吏一(グリーンツダ)
<0-2 判定負け 57-57 59-57 59-56>
610サマーファイト
開催日:2014.08.03 試合会場: 住吉区民センター
フライ級 4R
○オリビア長谷・拓也(六島) VS ●平原和洋(川田)
<3-0 判定勝ち 40-37 40-36 39-38>
スーパーフライ級 4R
○ゴルゴ齋藤ーン健司(六島) VS ●山本圭太(エディ)
<3-0 判定勝ち 40-36 40-37 39-37>
51kg契約 4R
△香美の子岡村ケントキッド(六島) VS △小島弘也(泉北)
<0-0 引き分け 37-37 37-37 37-37>
56kg契約 8R
日本スーパーバンタム級15位
○ストロング小林佑樹(六島)
VS ●丸橋健吾(鈴鹿ニイミ)
<3-0 判定勝ち 79-74 78-75 77-74>
フェザー級 6R
OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級14位・日本同級4位
●高田小次郎(六島)
VS ○西田 至孝(塚原京都)
<1-2 判定負け 58-57 57-58 57-58>
スーパーフライ級 8R
OPBF東洋太平洋スーパーフライ級13位・日本フライ級10位
○向井寛史(六島)
VS 元OPBF東洋太平洋バンタム級10位
●マーク・ジョン・ヤップ(フィリピン)
<3-0 判定勝ち 78-75 78-76 77-75>
やまもと歯科・小児歯科 PRESENTS 610ヤングフェスティバルⅢ
開催日:2014.04.20 試合会場: 住吉区民センター 15時試合開始
フライ級 4R
デビュー
△長谷穂積・拓也(六島)
VS デビュー
△坂田健太(エディタウンゼント)
<1-1 引き分け 39-38 37-40 38-38>
51.5kg契約 4R
デビュー
○ゴルゴ齋藤~ン健司(六島)
VS ●スミーマン翔騎(塚原京都)
<3-0 判定勝ち 40-35 40-35 40-35>
ミニマム級 4R
デビュー
○北村流生(六島)
VS デビュー
●青井輝海(エディタウンゼント)
<2R 2分43秒 TKO勝ち>
58kg契約 4R
○鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ●武市大輔(真正)
<3-0 判定勝ち 39-38 39-38 39-37>
51.5kg契約 4R
○香美の子岡村ケントキッド(六島) VS ●高木祐史(森岡)
<3R 2分33秒 TKO勝ち>
西日本新人王予選 ライト級 4R
○塚元斗夢ヤンくん(六島) VS ●小野祐樹(八尾)
<2R 2分34秒 KO勝ち>
ミドル級 6R
日本ミドル級8位 2013年ミドル級全日本新人王・MVP
○前原太尊・康輝(六島)
VS ●大橋寛志(京都拳闘会)
<6R 1分55秒 TKO勝ち>
51.6kg契約 8R
日本フライ級13位
○最暴愚畷谷(六島)
VS ●中澤 翔(大鵬)
<3-0 判定勝ち 79-74 79-74 78-75>
スーパーライト級 8R
日本スーパーライト級15位 2013年スーパーライト級全日本新人王
●ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS ○金本祥平(グリーンツダ)
<0-2 判定負け 76-77 76-77 76-76>
610ドラマチックボクシング
開催日:2014.03.30 試合会場: IMPホール
スーパーバンタム級 8R
○小林佑樹(六島) VS 日本スーパーバンタム級15位
●見高文太(大阪帝拳)
<3-0 判定勝ち 77-76 78-75 77-75>
日本タイトル前哨戦 56kg契約 8R
OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級13位・日本同級5位
○高田小次郎(六島)
VS ●石橋 竣(グリーンツダ)
<3-0 判定勝ち 77-74 79-73 78-75>
51.5kg契約 8R
日本フライ級10位
△向井寛史(六島)
VS 日本フライ級8位
△李 明浩(大阪帝拳)
<1-1 引き分け 77-76 75-78 77-77>
第35回チャンピオンカーニバル 日本ウェルター級タイトルマッチ
開催日:2014.03.17 試合会場: 後楽園ホール
日本ウェルター級タイトルマッチ 10R
日本ウェルター級1位
●鈴木哲也(六島)
VS 日本ウェルター級チャンピオン
○高山樹延(角海老宝石)
<0-3 判定負け 94-96 94-96 94-96>
強拳
開催日:2014.03.09 試合会場: 堺市民会館
スーパーバンタム級 4R
○鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ●豊田耕清(堺東ミツキ)
<2-1 判定勝ち 39-38 39-38 37-40>
フェザー級 4R
●上月ケン・チャンドラ(六島) VS ○水野美智雄(堺東ミツキ)
<0-2 判定負け 38-38 38-39 38-39>
第35回チャンピオンカーニバル 日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
開催日:2014.03.04 試合会場: 後楽園ホール
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ 10R
日本スーパーウェルター級1位
 ○細川貴之(六島)
VS 日本スーパーウェルター級チャンピオン
 ●湯場忠志(都城レオ)
<2-0 判定勝ち 79-73 76-74 75-75>
2013年全日本新人王決定戦
開催日:2013.12.22 試合会場: 後楽園ホール
全日本新人王決定戦スーパーライト級 5R
西軍代表
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS 東軍代表
●藪 晋吾(ワタナベ)
<4R 2分1秒 TKO勝ち>
全日本新人王決定戦ミドル級 5R
西軍代表
○前原太尊・康輝(六島)
VS 東軍代表
●清野 航(石橋)
<1R 2分5秒 KO勝ち>
千里馬スーパーファイト
開催日:2013.11.24 試合会場: 神戸サンボーホール
スーパーフェザー級 4R 
●上月健作(六島) VS ○藤田健介(千里馬)
<1-2 判定負け 40-37 37-39 38-39>
フェザー級 4R
●鯱ドラゴンズ敬太(六島) VS ○西田至孝(塚原京都)
<1-2 判定負け 39-38 38-39 38-39>
52.26kg契約 8R
○最暴愚畷谷(六島)  VS 日本フライ級14位
●戎岡淳一(明石)
<2-1 判定勝ち 77-76 77-76 76-77>
WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
開催日:2013.11.15 試合会場: タイ・コラート
WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ 12R
WBC世界スーパーフライ級15位
●向井寛史(六島)
VS WBC世界スーパーフライ級チャンピオン
○シーサケッ・ソールンビサイ(タイ)
<9R 1分44秒 TKO負け>
新人王西軍代表決定戦
開催日:2013.11.09 試合会場: フードパル熊本
新人王スーパーライト級西軍代表決定戦 4R
中日本・西日本対抗戦勝者
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS 西部日本優勝者
●藤田光良(鹿児島)
<2R 2分52秒 TKO勝ち>
新人王ミドル級西軍代表決定戦 4R
西日本優勝
○前原太尊・康輝(六島)
VS 西部日本優勝
●甲斐斗志広(宮崎W)
<1R 43秒 TKO勝ち>
「You  will be the championⅡ」
開催日:2013.10.14 試合会場: 住吉区民センター
51.5kg契約 4R
○香美の子岡村ケントキッド(六島) VS ●中村晃司(雅)
<2R 1分23秒 TKO勝ち>
スーパーバンタム級 8R
OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級14位
○高田小次郎(六島)
VS OPBF東洋太平洋バンタム級7位・日本同級2位
●ゼロフィット・ジェロッピ(千里馬神戸)
<5R 2分59秒 KO勝ち>
ウェルター級 10R
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級7位・日本同級3位
○細川貴之(六島)
VS IBF世界スーパーライト級5位
●パトムサック・パトンポートン(タイ)
<2-1 判定勝ち 100-91 97-96 95-97>
三田から世界へ2
開催日:2013.10.13 試合会場: 三田キッピーモール
54kg契約 8R
●青木一平(六島) VS OPBF東洋太平洋バンタム級6位
○山本隆寛(井岡)
<2R 2分37秒 KO負け>
「You  will be the champion」日本タイトル前哨戦
開催日:2013.09.23 試合会場:  住吉区民センター
スーパーフェザー級 4R
○上月健作(六島) VS ●西脇啓生(エディタウンゼント)
<3-0 判定勝ち 40-37 39-38 39-38>
55kg契約 4R
○渡邊陽介山(六島)  VS ●新谷康太郎(SFマキ)
<3-0 判定勝ち 39-38 39-38 39-38>
54kg契約 6R
○最暴愚畷谷(六島)  VS ●植木航大(神拳阪神)
<1R 1分43秒 TKO勝ち>
日本タイトル前哨戦 ミドル級 8R
OPBF東洋太平洋ウェルター級7位・日本ウェルター級1位
○鈴木哲也(六島) 
VS ●ウドムシン・ノンピタヤコム(タイ)
<1R 3分9秒 KO勝ち>
中日本・西日本新人王対抗戦
開催日:2013.09.22 試合会場: 名古屋国際会議場 
2013年西日本スーパーライト級新人王
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
VS ●暮林達雄(三津山)
<3R 1分14秒 TKO勝ち>
WBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦 12R
開催日:2013.09.03 試合会場: タイ・コラート スラナリー工科大学
WBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦 12R
WBA世界スーパーフライ級5位
●名城信男(六島)
VS WBA世界スーパーフライ級4位
○デンカオセーン・クランティンデーンジム(タイ)
<1-2 判定負け 115.5-113 113.5-116 114-116.5>
西日本新人王決勝
開催日:2013.08.25 試合会場: ボディメーカーコロシアム
スーパーライト級 4R
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ VS ●福山一磨(森岡)
<4R 1分11秒 KO勝ち>
ミドル級 4R
○前原太尊・康輝 VS ●片山 修(倉敷守安)
<2R 1分51秒 KO勝ち>
開催日:2013.08.23 試合会場: タイ・バンコク
53kg契約 6R
OPBF東洋太平洋フライ級9位・日本フライ級2位
○向井寛史(六島)
VS OPBF東洋太平洋-スーパーフライ級4位・韓国スーパーフライ級チャンピオン
●李ボンヨン(韓国)
<3-0 判定勝ち 59-55 59-57 58-56>
第48回 CHAMPION'S ROAD
開催日:2013.08.04 試合会場: IMPホール
51.5kg契約 4R
○ 香美の子岡村ケントキッド VS ●森下嵩弘(エディ)
<2-0 判定勝ち 39-37 39-37 38-38>
出世城浜松ボクシングファイト 第31回西遠ボクシングアワー
開催日:2013.07.07 試合会場: 浜松アクトシティ
56kg契約 4R
○鯱ドラゴンズ敬太 VS ●小出哲也(浜松堀内)
<2-0 判定勝ち 39-37 39-37 38-38>
六島&堺東ミツキ合同興行「バトルロワイヤル」
開催日:2013.05.26 試合会場: 住吉区民センター
54.5kg契約 6R
○最暴愚畷谷 VS ●大島正規(堺東ミツキ)
<1R 1分34秒 TKO勝ち>
ミドル級 10R
○細川貴之 VS 元OPBF東洋太平洋チャンピオン
●トーンピタック・パタヴィゴンジム(タイ)
<8R 2分6秒 KO勝ち>
第18回 紀の国KOボクシング
開催日:2013.05.19 試合会場: 和歌山ビッグウエーブ
スーパーフェザー級 4R
○渡邉陽介山 VS ●平 雅行(クラトキ)
<3-0 判定勝ち 40-36 40-36 40-37>
610BOM-BA-YE6
開催日:2013.04.07 試合会場: 住吉区民センター
116P契約 10R
WBC世界フライ級16位
●向井寛史
VS WBO世界ジュニアバンタム級2位
○マーク・アンソニー・ヘラルド(フィリピン)
<2R 3分4秒 KO負け>
ウェルター級 10R   
日本ウェルター級3位
○鈴木哲也
VS WBC世界Sライト級7位
●プラウェート・シンワンチャー(タイ)
<10R 3-0 判定勝ち>
バンタム級 10R
WBA世界Sフライ級9位
○名城信男
VS WBC世界バンタム級14位
●ヨーチャンチャイ・ナコンルアンプロモーション(タイ)
<6R 3分9秒 KO勝ち>
610ヤングフェスティバルⅡ
開催日:2013.03.24 試合会場: 住吉区民センター
51.5kg契約 4R
△香美の子岡村ケントキッド VS △森下嵩弘(エディタウンゼント)
<1-1 引き分け>
フェザー級 4R
△渡邊陽介山 VS △尾藤直紀(正拳)
<1-1 引き分け>
4R
○鯱ドラゴンズ敬太 VS ●福江光治(正拳)
< 3R 1分18秒 KO勝ち>
新人王予選 スーパーフライ級 4R
△最暴愚畷谷 VS △梁 裕(尼崎亀谷)
< 1-1 引き分け>
バンタム級 8R
○青木一平 VS ●竹本裕規(ハラダ)
< 3-0 判定勝ち>
スーパーバンタム級 8R
○高田小次郎 VS ●永田浩司(ウォズ)
< 2-1 判定勝ち>
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
開催日:2013.01.12 試合会場: 後楽園ホール
●前原 太尊・康輝 VS ○金澤圭介(ワタナベ)
<4R ミドル級 3R 1分14秒 TKO負け>
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ 10R
チャレンジャー同級1位
●細川貴之
VS チャンピオン
○柴田明雄(ワタナベ)
< 8R 2分53秒 KO負け>
黒潮ダイナミックファイト
開催日:2012.11.11 試合会場: 高知サンピアセりーズ体育館
○最暴愚畷谷 VS ●見高 豪(大阪帝拳)
<4R スーパーフライ級 3-0判定勝ち>
T.F.O.M.A六島重量級戦線
開催日:2012.11.03 試合会場: 住吉区民センター
○前原・太尊・康輝 VS ●河内大悟(和光)
<4R ミドル級 1R 50秒 KO勝ち>
○ジャンボ織田信長書店ペタジーニ VS ●藤井将輝(千里馬)
<4R スーパーライト級 4R 2分31秒 KO勝ち>
○細川貴之 VS ●金ヨンビン(韓国)
<8R スーパーウェルター級 7R終了時棄権 TKO勝ち>
メモリアルファイト
開催日:2012.11.03 試合会場: 住吉区民センター
○川口勝太 VS ●竹本裕規(ハラダ)
<8R スーパーフライ級 2-0判定勝ち>
拳の嵐 アジアボクシングクラッシック
開催日:2012.09.23 試合会場: 石川県金沢市産業展示場第二
○青木一平 VS ● 向 静(中国)
<8R 52.7kg契約 3-0判定勝ち>
WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
開催日:2012.09.01 試合会場: 住吉スポーツセンター
WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
● 名城信男(六島)  VS ○テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)
< 2-0判定>
62.5Kg 8R
○ 百田諭志(真正) VS ●金 テックミン(韓国) 
<TKO 7R 1,25>
51.7Kg 8R
○ 向井寛史(六島) VS ●サンムアンローイ・ゴーキャットジム(タイ)
< 0-3判定>
スーパーバンダム級 8R
●  小阿洋一(堺ミツキ) VS ○  李 ジェーソン(韓国)
<0-2判定>
スーパーバンダム級 8R
○  高田小次郎(六島) VS ●  ラッチャサック・ゴーキャットジム(タイ) 
< KO 4R 3,05 >
73.5kg 4R
○ 前原大尊康輝(六島) VS ● 作田祐一(ネクサス)
< TKO 2R 1,58 >
スーパーフライ級 4R
○ 最暴愚畷谷(六島) VS ● 伊藤俊平(ワイルドビート)
< 0-3判定>