世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ジムニュースgym-news

11月3日の4選手の試合結果

2012.11.05 610gym

thumbnail

 
11月3日に行われた六島ジムボクサー4試合
 
全勝で終えることができました
第1部のセミ
スーパーフライ級 8R
川口勝太 vs 竹本裕規(ハラダ)
序盤は最高のスタート
右のショートカウンターよく当たった
ボディも効かせた
5Rあたりから持病が出てきてやばくなりかけたが・・・
相手の頭低くバッティングでカット ストップ 負傷判定
2-0の判定勝ち 66-66 69-66 68-66
それにしても、レフェリーに再三再四頭が低いとアピールしたのに逆に「頭抑えないで」と注意受けた
絶対バッティングでカットするなと思っていたら案の定
傷を治して日本ランキングを狙え!
第2部の「T.F.O.M.A六島重量級戦線」
重量級ファイトだけにすべてKOで勝利することができました
ミドル級 4R
前原太尊・康輝 vs 河内大悟(和光)
ボクシングを初めてまだ1年の太尊・康輝
この日が3試合目
1R50秒 左ストレートの連打でKO
強い!太尊・康輝
これで2勝(2KO)1分け
来年は新人王に挑戦
KOの山を築いて新人王になれるか楽しみです
スーパーライト級 4R
ジャンボ織田信長書店ペタジーニ vs 藤井将輝(千里馬)
前回の試合で不甲斐ない敗戦を喫したジャンボ
潜在能力は抜群なんだがハートは不抜群
だが昨日はよかった
強打の相手にひるむことなく心折れず自分のボクシングを貫いた
距離をとってシャブからストレート ワンツーから左ボディ
だんだん相手弱ってきたところ、「右アッパー」と言ったのとドンピシャで放った右アッパーでKO
4R2分31秒
4勝(3KO)1敗になりB級ボクサーに
しかし、ジャンボも今年のリベンジで来年の新人王に再挑戦
楽しみだ
スーパーウェルター級 8R
細川貴之 vs 金ヨンビン(韓国)
負ければチャンピオンカーニバルでの日本タイトルに挑戦できない細川
負けなければ1月12日に日本タイトル挑戦
日程きつすぎ
怪我もできない
左右のフックが得意な金ヨンビン
慎重に相手の出方伺いながらジャブ
この試合、随所に相撲特訓がいかされた
スピードで勝る細川はジャブで翻弄
ボディにもパンチ集め効かせる
スタミナがなくなってきた金ヨンビン
7R終了時に棄権 TKO勝ち
KOの少ない細川は喜んだ
22勝(7KO)9敗3分け
これで1月12日に日本タイトル挑戦が決定
全員勝利することができました
応援ありがとうございました

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み