世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ジムニュースgym-news

池田竜司 移籍第一戦がIBFパシフィック・ウェルター級王座決定戦!!

2017.03.14 610gym

thumbnail

元全日本新人王の池田竜司、六島移籍で地域王座戦
 六島ジムの枝川孝会長は13日、広島竹原ジムから移籍の池田竜司(21)を4月19日、タイで行われるIBFパシフィック・ウェルター級王座決定戦に出場させると発表した。移籍初戦で地域タイトル獲得のビッグチャンスをつかんだ池田は「15歳からボクシングを始め、チャンピオンベルトがほしいと思っていた。移籍したばかりで、こんなチャンスをいただけるなんて」と感無量だ。
 池田は広島県東広島市出身。市立磯松中学校時代はやんちゃで、卒業式には出席させてもらえなかった。年齢を偽って工事現場などで働きながら、竹原慎二・元WBA世界ミドル級王者の父三郎さんが指導する広島市東区の広島竹原ジムに通い、17歳でデビュー。2013年度のライト級全日本新人王を獲得した。戦績は11勝7KO3敗2分。
 さらに上を目指していたが、練習相手がおらず、伸び悩んでいた。新人王同期の大尊康輝(六島)がOPBFミドル級王者になったことから、竹原会長の承諾を得て、六島ジムに今月移籍した。枝川会長は4月9日の興行に移籍初戦を組んでいたが、IBFパシフィック王座決定戦の話が舞い込んだため、池田にチャレンジさせることに。
 対戦相手のサダーム・ルバビキング(タイ)は25勝20KO2敗のハードパンチャー。池田は「相手が強くても1%の勝つ確率があれば、それに向かってがんばりたい。この1カ月、必死に練習します」と固い決意。枝川会長は「香港で敗れたが、向井らも海外でいい経験を積んだ。海外で活躍するボクサーを育てていきたい」と話している。
ボクシングビートより
移籍第一戦がタイトルマッチ
それも初の海外試合
チャンピオンになるために移籍して来た
やらなあかんでしょ?
勝てば世界ランキングも手中に
応援よろしくお願いします

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み