世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ピックアップpickup

610サマーファイト 向井寛史ヤップに3-0判定勝ち

2014.08.04 610gym

thumbnail

向井寛史ヤップに3-0判定勝ち、徳永幸大も快勝
 六島ジム主催の610サマーファイトは3日、大阪市住吉区民センター大ホールで開催され、メインのS・フライ級8回戦は、日本フライ級9位の向井寛史(六島)がフィリピン選手を判定で下し、プロ6年目の好スタートを切った。セミのS・ライト級8回戦は、日本ライト級4位の徳永幸大(ウォズ)が7回にアッパーを決めて米尾達哉(奈良)を倒した。
◇S・フライ級8回戦
向井寛史(六島)[3-0(78-76、77-75、78-75)]マーク・ジョン・ヤップ(比)
 右フックを大振りしてくるヤップに対して、向井は距離を十分にとって右ジャブを当て、ペースをつかむ作戦。右ジャブからボディーへのパンチは踏み込みが不足して、なかなかヒットにつながらない。右を振るうヤップにカウンターの右フックがほしいところだが、単発に終わり、ややヤマ場を欠いた試合となった。向井としては、中に入っての連打を狙ってはいたようだが、安全運転に終始したきらいがあった。
 全試合結果は以下の通り。
 ▽4回戦
オリビア 長谷・拓也(六島)○判定3-0×平原和洋(川田)
ゴルゴ斎藤ーン健司(六島)○判定3-0×山本圭太(エディタウンゼント)
香美の子 岡村ケント キッド(六島)△引き分け0-0△小島弘也(泉北)
 ▽6回戦
高田小次郎(六島)×判定1-2○西田至孝(塚原京都)
 ▽8回戦
小林佑樹(六島)○判定3-0×丸橋健吾(鈴鹿ニイミ)
米尾達哉(奈良)×TKO7回1分26秒○徳永幸大(ウォズ)
向井寛史(六島)○判定3-0×マーク・ジョン・ヤップ(フィリピン)
応援ありがとうございました

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み