世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ピックアップpickup

20歳大学生の奥村さんがグランプリ! 日本ボクシング初のラウンドガールコンテスト

2014.08.04 610gym

thumbnail

グランプリは20歳大学生!日本ボクシング初のラウンドガールコンテスト決行
デイリースポーツ 8月4日(月)6時59分配信
グランプリは20歳大学生!日本ボクシング初のラウンドガールコンテスト決行
 「ラウンドガールズコンテスト」で優勝した奥村理紗さん(中央)、2位の山本風菜さん(左)、3位の河原さゆりさん=住吉区民センター
 「デイリー後援・ボクシング8回戦」(3日、住吉区民センター)
 ボクシングの六島ジム主催興行「610サマーファイト」が3日、大阪・住吉区民センターで開催され、日本ボクシング史上初となる試合会場での「ラウンドガールズコンテスト」が決行された。
【写真】開会式に登場した「ラウンドガールズコンテスト」ファイナリストの美女21人
 美女がリングの主役になった?日本フライ級9位の向井寛史が担うメーンイベントの開始前、800人の観客の視線が一斉に注がれた。リング後方のステージに、厳選なる書類審査、面接を通過した「ラウンドガールズコンテスト」ファイナリストの美女21人がビキニ姿で登場。”カメラ小僧”専用エリアも用意された会場は大歓声に包まれた。
 1人1分間の自己アピールタイムを経て、特別審査員10人(マグナム北斗特別審査委員長)と観客の中からランダムに選ばれた会場審査員100人が投票。その結果、中学時代から打ち込んでいるという特技のクラリネットで「アメイジング・グレイス」の生演奏を披露した相愛大音楽学部2年生の奥村理紗さん(20)が見事グランプリに輝いた。
 B・80、W・58、H・81のプロポーションを誇る奥村さんは優勝賞金10万円と10日に同会場で行われる日本スーパーウエルター級王座決定戦(デイリー後援)でラウンドガールを務める権利を獲得。「みなさんスタイルもいいし、まさか優勝するとは思っていもいませんでした」とグランプリに驚きを隠せなかった奥村さん。「誰からも好かれるモデルになることが将来の夢。生のボクシングは初めてでしたが、本当にかっこ良かった。10日のラウンドガールでも会場を盛り上げたいです」と笑顔で1週間後に待ち受ける晴れ舞台について語った。2位には山本風菜さん(18)、3位には河原さゆりさん(30)が選ばれた。
 企画発案者でもある六島ジムの枝川孝会長は「大成功」と満面の笑み。「次もあるで」とボクシング&美女の”肉弾コラボ”の継続開催を予告した。

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み