世界チャンピオン多数輩出、大阪の六島ボクシングジムでは女性やお子様も多数在籍!

ジムニュースgym-news

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ結果

2013.11.19 610gym

thumbnail

報知新聞より
 ◆プロボクシング WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ ○シーサケット・ソールンビサイ(9回 TKO)向井寛史●(15日、タイ・ナコンラチャシマ) 同級15位の向井寛史が王者のシーサケットに9回TKOで敗れた。向井の戦績は9勝(1KO)3敗1分け。初防衛に成功したシーサケットは23勝(21KO)3敗1分け。
 「完敗です。へへへ」。向井は悔しさを押し殺して、あえて明るく振る舞った。序盤から押し込まれて強打を浴びる一方的な展開。2回にはジャブを左ストレートで返され、尻もちをついてダウンを喫した。「1回と5回のインターバルしか記憶になくて、どういう試合か全然覚えてない。ボクシング人生でこんなこと初めて。気づいたら終わってた」。度重なるボディー攻撃で意識もうろう。六島ジムの枝川孝会長が、こちらも「人生初」というタオル投入で試合を止めた。
 デビュー7戦目の11年12月、同じタイでWBC世界フライ級王座に挑んだが、負傷判定でベルトを奪えなかった。2度目の世界挑戦の今回は、南京都高(現京都広学館高)の同級生でロンドン五輪ミドル級金メダルの村田諒太(27)=三迫=に「先に世界王者になってプレッシャーを与える」と宣言も、かなわなかった。それでも再起するか、という問いに「はい!」と即答。頂点を見据えて向井は走り続ける。
.

真っ向から挑みましたが負けました
チャンピオンのパワーの前にやられました
一から出直しです
しかし、あきらめません!
また挑戦します
応援ありがとうございました

ACCESS

アクセス

〒558-0004 大阪市住吉区長居東3-21-11

06-6693-0610

お問い合わせ・入会お申し込み