Result 試合結果
Category ニュースカテゴリー
Mothry 月別アーカイブ
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
News > 2017年12月
2017.12.11 12月21日(木)小学生X'masボクシングスクール!!


12月21日(木)の小学生スクールは、
クリスマスボクシングスクールにします★*

ゲームなどをしてみんなで楽しく過ごしましょう!!

サンタさんからのプレゼントもあるよ♪

みなさん、参加してね!!!


2017.12.10 ストロング小林が2017年六島ジムファイナルに勝利!!
ストロング小林佑樹が勝利、パレナス復帰戦飾る

 六島ジム主催の「第2回夢はまだ遠くても...」は9日、大阪府堺市産業振興センターで開かれ、メインの54.5キロ8回戦は、OPBFバンタム級12位のストロング小林(六島)が大里登(大鵬)に3-0判定勝ちした。


 アンダーカードのS・フライ級8回戦は、OPBF同級10位の池水達也(井岡)がルンスリン・サイゲーオボクシングキャンプ(タイ)にフルマークで判定勝ちしたが、持ち味の連打が少なく内容はいまひとつだった。S・バンタム級8回戦は、OPBF同級4位の鯱ドラゴンズ敬太(六島)と横川聡也(堺東ミツキ)が終始激しく打ち合ったが、優劣つかず引き分けた。

 バンタム級8回戦に15年12月、井上尚弥(大橋)の持つWBO世界S・フライ級王座に挑戦したワルリト・パレナス(森岡)が井上戦以来となるリングに登場、タイ人選手を強烈なボディブローをヒットして1回TKO勝ち。パレナスはウォーズ勝又のリングネームで日本で数試合した経験を持つ。


 34歳のフィリピン人のパレナスは昨年11月、丸田陽七太の指導などで森岡ジムのトレーナーに。ジムで働く中で、再びリングに立ちたいと現役復帰を熱望したため森岡和則会長が選手登録した。森岡会長は「本人は世界戦に立ちたいと言っているが、まず地域タイトルを目指してがんばらせたい」と語った。

◇54.5キロ8回戦
ストロング小林佑樹(六島)[3-0(77-76、78-76、78-75)]大里登(大鵬)

◇S・フライ級8回戦
池水達也(井岡)[3-0(80-73×3)]ルンスリン・サイゲーオボクシングキャンプ(タイ)

◇S・バンタム級8回戦
鯱ドラゴンズ敬太(六島)[引き分け1-1(77-76、76-77、77-77)]横川聡也(堺東ミツキ)

◇バンタム級8回戦
ワルリト・パレナス(森岡)]TKO1回2分15秒]カタウット・サイゲーオボクシングキャンプ(タイ)

◇L・フライ級6回戦
田中直樹(大鵬)[負傷判定4回2分22秒3-0(39-38、40-38、40-37)]ぴょん拓也(六島)



ボクシングビートに


1勝1敗1分けでした


応援ありがとうございました


これで、2017年六島ジムの試合は終了です


また、来年も頑張りますので


引き続き応援のほどよろしくお願い致します!


2017.12.09 無料体験実施中!!
無料体験実施中!!



今年のプロボクサーの試合も終わりひと段落


その上


師走


少しゆっくりします


そこで


無料体験を実施します!!



今まで、やってみようかなと思ったけど入りづらくてというあなた

気軽に体験して下さい!!



プロボクサーも練習してないので、殺気だった雰囲気もありません



サウナに入り、体を温めてからストレッチ

縄跳び

シャドーボクシング

ミット打ち

サンドバッグ

バイク

軽く筋トレ

ストレッチ



というメニューを体験して下さい


約1時間ですかね


体力があり、物足りない方はもっとやってもらっても大丈夫です


ジム内は、殺菌の機械を入れているので、汗臭い匂いもありません!


親子連れ、恋人同士、友達同士で来られてもOKです

もちろん1人でも

小学生から老若男女

どんな方にもボクシングを体験してほしいです




お問合わせ先(お気軽にお電話ください)

六島ボクシングジム

大阪市住吉区長居東3-21-11

Tel&Fax:06-6693-0610
E-Mail:info@610gym.com


お気軽に
ご予約下さいね〜


お待ちしております

詳しくはPDFをご覧ください trim.19227373-773F-4F72-96B2-6B787E923B14.MOV(PDF)
2017.12.07 坂本WBOAP新王者に 向井WBOAP返り咲き ヤップOPBF防衛!
 六島ジム興行の"OPBF、WBOアジアパシフィック5大タイトルマッチ"は2日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で開かれた。



ベテランの秋山が番狂わせのTKO勝ち!
 OPBFミドル級、WBOアジアパシフィック同級タイトルマッチ12回戦は、チャンピオンの太尊康輝(六島)がOPBF10位、日本同級4位の秋山泰幸(ワタナベ)に連打を浴びて5回1分46秒TKO負け、3度目の防衛に失敗した。

 太尊より14歳年上の38歳、秋山はヨネクラ所属時代の2015年8月、柴田明雄(ワタナベ)に挑戦したが、TKOで敗れており、2度目の挑戦で念願のベルトを巻いた。



ヤップは10回、強烈なボディ打ちで高野を沈めた
ヤップは高野を退けOPBF王座V2

 OPBFバンタム級タイトルマッチ12回戦は、マーク・ジョン・ヤップ(六島)がタイトル初挑戦の同級8位、高野誠三(真正)を10回にボディへのパンチで2度のダウンを奪ってTKO勝ち、2度目のタイトル防衛。



向井は初回TKO勝ちでWBO・AP王者復帰
向井はWBO・AP王座返り咲き

 WBOアジアパシフィックS・フライ級王座決定12回戦は、同級3位の向井寛史(六島)が同級5位インタノン・シッチャモアン(タイ)を1回1分33秒TKOで下し、王座に復帰した。

 向井は昨年11月、シッチャモンと同王座を争い2回TKO勝ちしたが、今年3月、香港でレックス・ツォ(香港)と戦い、8回TKO負けして初防衛に失敗していた。



坂本は鮮やかなKOで初の地域王座獲得
坂本はWBO・APフライ級王座獲得

 同フライ級王座決定12回戦は、同級5位の坂本真宏(六島)が同級1位、クワンタイ・シスモーゼン(タイ)に連打を浴びせて3回2分29秒KO勝ち、タイトルを獲得した。坂本は昨年11月、現WBOフライ級王者の木村翔(青木)と同王座を争って敗れており、2度目の挑戦でベルト獲得となった。

 クワンタイは元WBA世界ミニマム級王者で、13年には井岡一翔(井岡)、15年に田口良一(ワタナベ)が持つWBA世界L・フライ級王座に挑戦したキャリアを持つが、坂本の勢いが上回った。

◇OPBF&WBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチ12回戦
秋山泰幸(ワタナベ)[TKO5回1分46秒]太尊康輝(六島)

◇OPBFバンタム級タイトルマッチ12回戦
マーク・ジョン・ヤップ(六島)[KO10回2分44秒]高野誠三(真正)

◇WBOアジアパシフィックS・フライ級王座決定12回戦
向井寛史(六島)[KO1回1分33秒]インタノン・シッチャモアン(タイ)

◇WBOアジアパシフィック・フライ級王座決定12回戦
坂本真宏(六島)[KO2回2分29秒]クワンタイ・シスモーゼン(タイ)



ボクシングビートに


坂本がWBOAPフライ級新王者

向井がWBOAPスーパーフライ級王者に

ヤップがOPBFバンタム級タイトル2度目の防衛成功



太尊 後味悪い王座陥落 2回ゴング終了後にパンチ被弾 JBCが検証へ
12/4(月) 8:50配信
49
デイリースポーツ

 後味悪い王座陥落となった太尊康輝

 「ボクシング・WBOアジア太平洋ミドル級タイトルマッチ」(3日、エディオンアリーナ大阪)

 王者・太尊康輝(24)=六島=が挑戦者で同級12位の秋山泰幸(38)=ワタナベ=に5回TKOで敗れ、東洋太平洋王座から陥落した。

 2回終了のゴング後に秋山が放ったパンチが太尊に命中。太尊は足をふらつかせるなどダメージを負った。陣営は休憩を要求したが、秋山に減点1が課されただけで通常通り1分間の休憩で試合は再開された。ダメージの回復しない太尊は3回以降劣勢に立たされ、5回に2度目のダウンを喫した後、陣営からタオルが投入された。

 WBOアジア太平洋チェアマンのレオン氏はインスペクターがドクターを呼んで選手の状態をチェックしなかった点を問題視。JBCは試合続行の権限はレフェリーにあると主張するなど両者の言い分は食い違っている。

 4日にもJBCで映像を検証し、WBO本部に見解を伝える予定。レオン氏はJBCの結論次第では「無効試合となる可能性もある」と話した。リング外の顛末で後味の悪さだけが残った


太尊は、こういう決定となりました


応援ありがとうございました
詳しくはPDFをご覧ください IMG_2558.JPG(PDF)