Result 試合結果
Category ニュースカテゴリー
Mothry 月別アーカイブ
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
News > 2017年5月
2017.05.30 「15文字」の長すぎるリングネームのボクサー 東洋太平洋戦決定
「15文字」の長すぎるリングネームのボクサー 東洋太平洋戦決定
デイリースポーツ 5/30(火) 6:06配信



トリプル東洋太平洋戦へ意気込む(左から)太尊康輝、マーク・ジョン・ヤップ、ジャンボ織田信長書店ペタジーニ

トリプル東洋太平洋戦へ意気込む(左から)太尊康輝、マーク・ジョン・ヤップ、ジャンボ織田信長書店ペタジーニ




 六島ジムは29日、大阪市内で会見し、7月30日に住吉区民センターで、トリプル東洋太平洋戦を行うと発表した。ミドル級王者の太尊康輝が同級14位のロックハート・ブランドン(森岡)と、バンタム級王者のマーク・ジョン・ヤップが同級2位の益田健太郎(新日本木村)と防衛戦を行い、スーパーウェルター級9位の29歳、ジャンボ織田信長書店ペタジーニが同級王者のラーチャシー・シットサイトーン(タイ)に挑戦する。

【写真】ジャンボ織田信長書店ペタジーニ、珍名の由来とは...

 初挑戦のジャンボ織田信長書店ペタジーニは"名前最長王者"を目指す。ジャンボ-のリングネームが15文字と長すぎることもあり、JBC(日本ボクシングコミッション)は今後リングネームを10字以内にすると規定。ジャンボ-の変更はないが、「そんなの後から言われても...」と、ふに落ちない様子だ。

 「実力は伴ってないけど、必ず倒してベルトを持ってきたい」と弱気?で宣言。本名・小田貴博、昨年9月にパパになった29歳が、長すぎるリングネームとともに初のベルト獲得に挑む。

 2度目の防衛戦に臨む太尊は「やるかやられるか。絶対倒したい」と意気込み。初防衛戦のヤップも「ベルトを必ず守れるよう、頑張ります」と力強く話した。





{507C1DB4-0BE0-4686-BD58-8B0DBBB113AB}


ジャンボが一番人気だった


デイリー女性記者に「ジャンボはあそこもデカイからジャンボなんですよ」と教えといた


拝見しますか?


【写真】ジャンボ織田信長書店ペタジーニ、珍名の由来とは...


これね・・・



日本一長い名のボクサー初国外戦に悲観
2016.5.7(Sat)

zoom
スパーを打ち上げたジャンボ(右)とスパー相手を務めた細川
 長身を生かし13年、全日本新人王に輝いた逸材ながら、メンタル面の課題から遠回りしてきた。試合1週間前のこの日もネガティブキャラを全開。「サウスポーは苦手だし、不安しかない。相手はムキムキでごつい。パワフルだけど、ボクシングもできる。普通に格上と思う」と威勢のいい言葉は出てこない。
 後ろ向きの性格に災難は襲うもので、昨年9月には交通事故に遭った。自転車を走行中、後方から車に激突され左手首を骨折する重傷。予定していた試合はキャンセルになった。
 「新人王戦の前にも事故に遭ったし、毎年1回は事故に遭っている。今年1月にもすき家で曲がってきた車に巻き込まれた。何で見てなかったの?って聞いたら『すき家のことばかり考えていた』って。もういいわって許しましたよ」と、自虐的に笑った。
 枝川孝会長は「パンチは強いし、あんなボクサーとして才能あふれる奴はおらん。でもメンタルがな。何を考えているか分からん」と嘆くのみ。海外で強豪戦を組んだのは、ジャンボに一皮むけて欲しい親心だ。勝てば、スーパーウエルター級の日本ランク入りも期待でき、同級王者の野中悠樹(井岡弘樹)を標的にする青写真だ。
 珍名ボクサーで売る六島ジムの"鉄砲玉"だ。名前だけではなく、計量時には水道の蛇口のついたパンツを履き会場を爆笑させてきた。海外でも、もちろん存在感を見せ付けてくるつもりだ。
 「とりあえず入場コスチュームは忍者にしようと思う。計量の時は忍者コスチュームから、上下のブラジャーで。とにかく何かやってきます」。試合以上にパフォーマンスに関してはポジティブ。「行くからには目立って、そして勝つ。KOを狙っていく」と必死に自らを鼓舞した。
 下半身の一部が巨大で元ヤクルト、巨人のペタジーニばりに年上の女性と交際していたことなどから付けられたリングネーム。金メダリストの村田に負けじと、香港に"笑撃"をもたらす?!





{4CD256B5-8EE4-4377-B5FF-146D9B4F7FCE}


{01704022-C3E4-49F6-9CCB-6248031089ED}


{DAB1A381-15FB-4665-B04F-AD20E3A44128}


{0D37F6E7-C3B8-4E87-A6BB-381EFCF541F7}


{8DF778EF-0A5C-4E94-8662-2173A9AF559E}


香港に笑撃をもたらした!


{24A47639-8635-490B-B421-EF2066B3FA5A}


{73F2C470-7818-4D61-96B6-CD6BE73C5B19}


{80786701-EE65-416E-9E7B-C15C4BE4D98F}



そして
衝撃をもらった

次は
勝撃で頼むよ!
チャンピオンにさせるので、応援よろしくお願い致します!
詳しくはPDFをご覧ください a75e2fd1a87178ce764bc829f3162a87915420ec.JPG(PDF)
2017.05.30 OPBFトリプルタイトルマッチ‼️
太尊、ヤップ、ジャンボ織田 OPBFトリプル戦

 六島ジムの枝川孝会長は29日、所属3選手が出場するOPBFトリプルタイトルマッチを7月30日、大阪市住吉区民センターで開催すると発表した。


 メインはミドル級王者、太尊康輝(六島)の2度目の防衛戦で、同級14位ロックハート・ブランドン(森岡)の挑戦を受ける。バンタム級王者でWBC、IBF世界同級8位にランクされているマーク・ジョン・ヤップ(六島)は同級2位でIBF9位、WBC13位にランクされる益田健太郎(新日本木村)と対戦。OPBF・S・ウエルター級9位のジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)は同級王者でIBF世界同級13位ラーチャシー・シットサイトーン(タイ)にタイトル初挑戦する。

 太尊は「何度もスパーリングした相手。パワーはあるが、結果は僕が倒して勝ちます」と初防衛に自信をみせた。ヤップも「調子がすごくいいし、必ずタイトルを守ります」ときっぱり語った。

ジャンボ織田がタイトル初挑戦

 織田は約1年ブランクがあり、27日にタイでの復帰戦を2回TKO勝ちしたばかり。王者のラーチャシーは4月22日、大阪で大石豊(井岡弘樹)に12回大逆転KOで勝ってタイトルを手にした。大石は細川貴之(六島)から奪ったタイトルの初防衛に失敗した。

 織田は「細川先輩が持っていたタイトルなので、ジムにベルトを取り返します」と意欲十分。昨年4月に結婚、長女も誕生しており、六島ジム3人王者並立実現に懸命だ。


ボクシングビートより


OPBF トリプルタイトルマッチ
2017年7月30日 住吉区民センター
15時開始
◇OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ 12R
チャンピオン
太尊 康輝(六島)

VS
チャレンジャー 同級 14 位
ロックハート・ブランドン(森岡)


◇OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ 12R
チャンピオン
WBC 世界バンタム級 8 位・IBF 世界バンタム級 8 位
マーク・ジョン・ヤップ(六島)
VS
チャレンジャー 同級 2 位

WBC 世界バンタム級 13 位・IBF 世界バンタム級 9 位
益田 健太郎(新日本木村)


◇OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ 12R
チャンピオン
IBF 世界スーパーウェルター級 13 位
ラーチャシー・シットサイトーン(タイ)
VS
チャレンジャー 同級 9 位
ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)


応援よろしくお願いします!
2017.05.29 U-15西日本予選
5月28日にU-15西日本予選一回戦が行われた

六島ジムから2人が出場

中学生37.5kg級
翔勢が出場

この日のために、毎日練習に来ていた翔勢
中学1年の翔勢が、中学3年の秋月選手と対戦
武市トレーナーと練習していたことが出せたが、パワー負けかな?
2RTKO負け
 
残念だが、次に繋がる負けだった
また頑張れ!


中学生45kg級
湧也が出場


攻勢ポイントとれて
 
3-0の判定勝ち
なかなか、まとまった攻めでよかった
もう少し力強く打てていたらダウンとれたのに...
最後はスタミナ切れ?かな
頑張って毎日来て準決勝に挑みましょうね

次回は6月25日です。
2017.05.21 ジャンボ&八光がタイで試合!
ジャンボ織田信長書店ペタジーニと八光・池田竜司が5月27日にタイで試合します!



5月27日
タイ・バンコク


66キロ契約 8R

八光・池田竜司(六島)
vs
シリチョーク・クンタレー (タイ)



スーパーウェルター級 10R

ジャンボ織田信長書店ペタジーニ(六島)
vs
エークカウィー・サックニラン(タイ)



応援よろしくお願いします!