Result 試合結果
Category ニュースカテゴリー
Mothry 月別アーカイブ
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
News > 2016年4月
2016.04.18 マーク・ジョン・ヤップ、久高を返り討ちにして5連勝・大学院生ボクサー・坂本真宏、日本ランク入り初戦で判定勝ち
 マーク・ジョン・ヤップ、久高を返り討ちにして5連勝
デイリースポーツ 4月17日 22時46分配信

「ボクシング・バンタム級10回戦」(17日、大阪市住吉区民センター)

 東洋太平洋バンタム級1位、日本同14位のマーク・ジョン・ヤップ(27)=六島、フィリピン=が日本スーパーフライ級11位・久高寛之(31)=仲里=を判定3-0で下し、5連勝を飾った。昨年12月に2度のダウンを奪い、判定で完勝した相手を返り討ちにした。

 「日本、フィリピンの友達ありがとうございます。神様に感謝します」とリング上では覚えたての日本語で声援に応えた。

 14年10月に来日した"輸入ボクサー"。デビュー戦こそ黒星を喫したが、その後は破竹の勢い。ホープ・池水達也(大阪帝拳)、元WBA世界ミニマム級暫定王者・ファン・ランダエダ(ベネズエラ)に続き、世界挑戦4度の実力者を連破した。強敵相手のマッチメークを次々とクリアし、東洋太平洋王座への挑戦へ機は熟した。

 同王者の山本隆寛(井岡)とは今秋にも挑戦するプランで陣営は調整を進めている。六島ジムの枝川会長は「久高の動きが悪すぎた。仕留めないとだめ」と、もうワンランクアップを求めた。



マーク・ジョン・ヤップ、久高を返り討ちにして5連勝
大学院生ボクサー・坂本真宏、日本ランク入り初戦で判定勝ち

デイリースポーツ 4月17日(日)22時37分配


 「ボクシング・フライ級8回戦」(17日、大阪市住吉区民センター)

 大阪市立大大学院に通う高学歴理系ボクサーで日本フライ級15位の坂本真宏(25)=六島=が日本ライトフライ級14位の油田京士(25)=エディタウンゼント=を判定2-0で破り、日本ランク入り初戦を飾った。戦績は坂本が7戦全勝(4KO)、油田が10勝(6KO)10敗。

 大接戦をものにした。坂本は1回、強烈な右を打ち込み、リードした。しかし3回、右ストレートを顔面に浴び、腰が落ちかける程、効いた。

 中盤以降は壮絶な打ち合い。右を打ち込むが、相手も意地の反撃。終盤には左目が腫れてふさがり、相手の右が見えなくなった。大ピンチを気力ではねのけ、最後まで攻め抜いた坂本に僅差で軍配が上がった。

 「正直、めちゃしんどかった。相手の後半のタフさ。倒すパンチも当たっていたのに、打たれ強いのか、当てるところが悪かったのか。最後は気持ちの部分が大きかった」と、安どした。

 同大の工学部機械工学科で学ぶ坂本は昨年、大学院試験に合格と新人王獲得の2つの目標を成し遂げた。4月から同大の大学院生となり、初戦だったが、調整は苦難を極めた。

 2月は卒論「種々の陽極酸化課程による酸化チタンナノチューブの形成」にかかりっきり。何とか卒論を提出し無事に同大を卒業したものの、試合へ向け追い込む時期の4月上旬にはインフルエンザで1週間、寝込んだ。

 初の8ラウンド、相手は日本ランカーと不安は尽きず。「どうしよう」と初黒星すら覚悟していた。それでも文武両道を貫きこの世界に飛び込んだ男は、最後まで気持ちが折れなかった。

 左目を腫らしながらも、18日には午前10時半から夕方まで授業に出席する。「ボクシングと勉強、両方やって、今年はランクを上げて(タイトル挑戦の)チャンスがもらえるように頑張りたい」とリング上で院生・坂本は宣言した。



ぴょん拓也
西日本ミニマム級新人王予選
4R 2分33秒 TKO勝ちしました



4選手全員勝利することができました

ありがとうございました
2016.04.18 太尊康輝、KO勝ちでWBC世界ユース王座獲得
太尊康輝、KO勝ちで世界ユース王座獲得
デイリースポーツ 4月17日 22時7分配信


「ボクシング・WBCユース世界王座決定10回戦」(17日、大阪市住吉区民センター)

 日本ミドル級6位・太尊康輝(23)=六島=は東洋太平洋同級11位のペットスリヤー・シンワンチャー(タイ)を1回2分50秒KOで下し、世界ユース王座を獲得した。

 1回、打ち下ろしの左ストレートを顔面にヒットさせ、ぶっ倒すと、接近戦から左アッパーを突き上げ、2度目のダウンを奪った。相手は大の字に転がり10カウント。170秒のKO劇で、見事な復活を飾った。

 「一発目倒したワンツーのタイミングは、やってきたことが出た。(当たったのは)頭だったけど」と、会心の表情で振り返った。

 昨年11月に東洋太平洋&日本ミドル級王座に挑んだが、当時の2冠王者・柴田明雄(ワタナベ)に7回TKOで完敗。ショックから進退にも悩んだが雪辱を決意。心機一転、リングネームも前原太尊康輝から変更した。

 「鏡を見てシャドーボクシングなどしなかった。4回戦になる前のボクサーがやるような練習をやってきた」と初心に戻り課題に取り組んだ。右ジャブを丁寧に突き、試合をコントロールできたことが何よりの収穫だ。

 「今まではパンチが当たれば倒れると思っていただけ。柴田戦の負けがあって、場面、作戦、組み立てを考えるようになった。組み立て方があるから、強いパンチがより強くなる。負けは自分が強くなるための肥やし」と、成長を実感した。

 10勝(10KO)2敗1分けと節目の2桁星で戴冠。支えてくれたファンには何度も感謝し頭を下げた。「ベルトを抱っこして寝たいくらい。ユースの世界王者は誇り、この王者として価値を高められるようやっていきたい」と言い切った。

 日本&東洋太平洋タイトルへの雪辱も一歩ずつ。「2年でも3年でも鏡の前でシャドーする練習を積んで、真面目に取り組んでいく」と気を引き締めた。


チャンピオンになりました

応援ありがとうございました!

2016.04.11 太尊康輝、WBC世界ユース王座奪取へラッパー・仏師と共闘
 
太尊康輝、WBC世界ユース王座奪取へラッパー・仏師と共闘

「ボクシング・WBC世界ユースミドル級王座決定10回戦」(17日、大阪市住吉区民センター)

 日本ミドル級6位の太尊康輝(23)=六島=が11日、大阪市内で会見し、人気上昇中のラッパー・仏師(BUSHI、30)と強力タッグを組み、WBC世界ユース王座奪取を誓った。試合の相手はペットスリヤー・シンワンチャー(タイ)で14年11月に太尊が4回KOで下しており、再戦で返り討ちを狙う。

 昨年11月に東洋太平洋&日本ミドル級王座に挑んだが、当時の2冠王者・柴田明雄(ワタナベ)に7回TKOで完敗。ショックから進退にも悩んだが、雪辱を決意。心機一転、リングネームも前原太尊康輝から変更した。

 戦績9勝(9KO)2敗1分けと豪打の左で勝利はすべてKO。「必ず倒して勝つ」と、ど派手な再起でタイトルを奪うつもりだ。

 再出発へ向け、オリジナル登場曲を手がけたのが、ともに"メジャー舞台"を目指す仏師。香川県丸亀市出身で四国のライブイベントで名を売ると、全国に進出。現在は大阪に拠点を移し、全国ツアーを毎年展開している。今年は3枚目のアルバムを8月にリリース予定で日本のHIPHOP界で今、注目される男だ。

 曲名は「常勝」で新アルバムにも収録予定。「世界に羽ばたく♪」「自分信じて♪」「お前ならやれる♪」「虎は目覚める♪」などの歌詞でノリノリ。豪快なファイトスタイルをイメージした。

 太尊も「ドンピシャでしたね。勝手に筋トレしたくなるくらい」と大満足。これまでは矢沢永吉の曲を使用していたが「仏師も成り上がろうとする人。共通の目標だから」と2人で世界を目指す。

 前戦で負けを喫し、年末年始は自らと向き合い、仏師ともプライベートで話し込んだ。「自分はうぬぼれていた。仏師の世界でも成り上がるのがいかにすごいことか。どこかで殻を破らないと」と"成り上がり"が共通のテーマだ。

 今戦では仏師が歌う中、太尊がリングに上がる。日本では異例の登場シーンの演出が用意された。海外では5階級王者でのフロイド・メイウェザー(米国)がスーパースターのラッパーを引き連れるなど、リング登場もど派手。太尊は「お客さんを一緒に盛り上げたい」と意気込んだ。

 会見にともに出席した仏師も勝負している。「太尊の曲も含め飛躍したい。ヒップホップでのし上がっていくつもりで自分はやっている。太尊は体を削っているのと同じく、僕も命がけで夢をものにしたい。一緒にリングに上がる気持ちで太尊の背中を押したい。メイウェザーの日本バージョンを目指して、これからどんどん大舞台に上っていく」と、命がけの共闘を宣言した。


デイリースポーツより


4月17日
610ヤングフェスティバル5

二人のコラボ

見に来て下さいね〜
詳しくはPDFをご覧ください 1bc7524d1f848fa08be5f22a527ece49a533529c.jpg(PDF)