Result 試合結果
Category ニュースカテゴリー
Mothry 月別アーカイブ
2015年
2014年
2013年
2012年
News > 2015年9月
2015.09.29 流生・坂本が西日本新人王に‼️
ボクシングビートより

 平成27年度西日本新人王トーナメント最終日は27日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第二競技場でミニマムからミドルまで12階級の決勝が行われた。勝者は11月15日に同会場で開催される西軍代表決定戦に出場する。

 最優秀選手賞はL・フライ級のユーリ阿久井政悟(倉敷守安)、技能賞はS・フェザー級の中谷有利(グリーンツダ)、敢闘賞にはS・フライ級の平野拳生(風間)が選ばれた。また、大阪市立大ボクシング部出身で工学部の大学院に合格したフライ級の坂本真宏(六島)も勝利した。結果は以下の通り(左側が勝者)。


ユーリ阿久井がダウンをゲット、MVPに輝いた
ミニマム級5回戦 北村流生(六島)[3-0(49-47×2、49-46)]平井亮輝(千里馬神戸)
L・フライ級4回戦 ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)[KO1回2分42秒]香美の子岡村ケントキッド(六島)
フライ級4回戦 坂本真宏(六島)[KO2回2分59秒]村上博英(大阪帝拳)




六島ジムからは、流生・香美の子・坂本の三人が出場

流生が判定で勝利し、ミニマム級西日本新人王に輝いた

坂本も2RKO勝ちし、フライ級西日本新人王に輝いた

香美の子は、残念ながら1RKO負けで初黒星と痛い西日本新人王決勝となった


応援ありがとうございました!

流生と坂本は、11月15日にエディオンアリーナ大阪第二競技場で西軍代表者決定戦に出場します

全日本新人王まであと二つ

頑張りますので応援よろしくお願い致します!


詳しくはPDFをご覧ください c93ab3ec5f96f7ff7af6a07e2934c42bafa24623.jpg(PDF)
2015.09.19 細川がOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルに挑戦‼️
ボクシングビートより


細川貴之がOPBFタイトル挑戦、11.22大阪・住吉
 六島ジムの枝川孝会長は15日、11月22日に大阪市住吉区の住吉スポーツセンターで開催する「You Will Be The Champion5」の概要を発表した。

記者会見した左から前原、枝川会長、細川
 メインはIBF世界S・ウェルター級5位、細川貴之(30=六島)がOPBF同級王者デニス・ローレンテ(比国)に挑むタイトルマッチで、セミは高校生ボクサー、丸田陽七太(森岡)のデビュー6回戦。いきなりWBC世界バンタム級14位ジェーソン・カノイ(比国)と対戦する。

 IBF世界S・フェザー級15位の仲村正男(渥美)、日本同級2位、杉田聖(奈良)も相手未定だがリングに上がる。また、OPBFバンタム級1位マーク・ジョン・ヤップ(六島)と池水達也(大阪帝拳)の再戦も組まれた。元OPBF・日本ミドル級王者で大阪・八尾市で青少年育成ジムを開設した鈴木哲也さん(六島)の引退式も行われる。

 細川は目の負傷で日本タイトルを返上。野中悠樹(渥美)にタイトルを預けたままの細川は、再戦を希望しているものの、交渉がまとまらず、OPBFタイトルに照準を変更した。引き分けに終わった野中への挑戦を含め、この2戦は少し精彩を欠いているだけに「世界5位にランキングされているし、負けられない。夢の世界戦にいくためにもすべてをかけて戦う」とやる気をみなぎらせた。



細川がOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルに挑戦‼️


六島ジム初のOPBF東洋太平洋チャンピオンに輝くか?


応援よろしくお願いします!

2015.09.19 浪速のタイソン 前原太尊・康輝がOPBF&日本ミドル級タイトルに挑戦‼️
ボクシングビートより

日本&OPBFミドル級、柴田明雄が前原大尊と防衛戦
 OPBF・日本ミドル級王者の柴田明雄(ワタナベ=33、写真左)が11月9日、後楽園ホールでOPBF同級1位・日本5位の前原大尊康輝(六島=22、写真右)と防衛戦を行うことになった。六島ジムが15日、記者会見を開いて発表した。IBF同級11位にランクされる柴田はこれがOPBF5度目、日本4度目のタイトル防衛戦となる。

 会見で前原は「(六島ジムの興行となる)11月22日にタイトル戦と思い、照準を合わせて調整していたが、11月9日に試合が決まり、とてもうれしい。柴田王者はクレバーなボクサーで、相手に合わせ、安定感がある試合運びをするが、僕は気持ちを前面に押し出して、ガンガンいきます。12ラウンドはやるつもりはない」と念願のタイトル挑戦に気合い十分だった。

 2013年全日本新人王MVPの前原の戦績は9勝9KO1敗1分。S・ウェルター級とミドル級でOPBFと日本のタイトルを獲得してきた柴田(26勝12KO8敗1分)とは、キャリアで大きく差をつけられているが、190センチの長身(柴田は183センチ)から繰り出す強打と若さで、初めてのタイトル戦のチャンスをものにするつもりだ。


遂に決まりました‼️

初のタイトルマッチ

OPBF&日本&世界ランキングの三つを頂きます

応援よろしくお願いします!
2015.09.19 日本バンタム級タイトルマッチ結果
ボクシングビートより

 島津アリーナ京都で16日行われたダブル日本タイトルマッチのメインイベント、日本バンタム級タイトルマッチは、王者の大森将平(ウォズ)が同級3位の向井寛史(六島)を6回1分37秒TKOで下し、初防衛に成功した。WBO同級3位など3団体で世界ランク入りするホープの大森はこれでデビューから15連勝(10KO)となった。

向井をコーナーに追い詰めて攻める大森(右)
 ジャブの差し合いで始まったサウスポー対決は、2回に入るとパワーとスピードを兼ね備えた大森が早くも本領を発揮。ジャブ、左ストレート、返しの右フックをテンポよく打ち込み、過去2度の世界挑戦経験のある向井をロープに追い込んだ。3回終盤、向井を下がらせた大森が左ボディブローを叩き込むと、向井が顔をしかめてダウン。ここはゴングに救われたが、4回早々に再びボディに1発を浴びてキャンバスにヒザをついた。

 勝負あったかに思われたが、南京都高で大森の7年先輩にあたる向井は意地を見せる必要があった。このラウンドを何とかしのぎ、5回は前に出て大森に襲い掛かる(5回終了時の採点は50-43、50-44、49-44で大森)。しかし形勢は変わらず、6回に大森が左を決めてラッシュすると、グロッギーになった向井を主審が救った。

 やや大振りで雑になった場面があったからか、試合後の大森は「これではまだ世界にいけない。次は世界に通用するボクシングを見せたい」とコメント。初の日本タイトルマッチに敗れた向井は11勝1KO4敗2分。


残念ながら向井は、負けてしまいました

応援ありがとうございました


2015.09.07 直人・流星が第8回U-15ボクシング全国チャンピオンに!!
ボクシングビートより


第8回U-15全国大会、小中学生が熱戦

 第8回U-15ボクシング全国大会が6日、後楽園ホールで開催され、各地の予選を勝ち抜いた小中学生が全熱戦を繰り広げた。不戦認定者を合わせ、 小学生22人、中学生35人が王者となった。また、4歳から12歳までの27選手によるシャドーボクシング大会も行われた。大会の模様は、CS放送日テレ G+が9月11日20時30分から放送する。各賞の受賞者と試合結果は以下の通り(左側が勝者)。

優勝者全員で記念撮影

◇優秀選手賞
<小学生男子の部> 古藤昇大(6年)、吉良大弥(6年)、堤啓至(6年)
<中学生男子の部> 堤麗斗(1年)、田中空(2年)、井上流星(3年)
<女子の部> 吉田彩花(小学6年)

◇ベストマナー賞
<小学生男子の部> 坂間叶夢(6年)
<中学生男子の部> 尾崎優日(1年)
<女子の部> 田中鈴華(中学3年)

【小学生の部】(1分×3ラウンド)
27.5kg級 古藤昇大(福岡県北九州市)[TKO2回17秒]北野武郎(神奈川県平塚市)、今井聖也(愛知県豊橋市)[ポイント]國川透也(大阪府吹田市)
30.0kg級 坂田一颯(熊本県熊本市)[ポイント]秋澤昇(東京都足立区)、國川晃斗(大阪府吹田市)[ポイント]藤田葵夢(静岡県富士市)
32.5kg級 岡本恭佑(福岡県北九州市)[ポイント]大木彪楽(静岡県浜松市)、吉良大弥(大阪府門真市)[ポイント]坂間叶夢(東京都足立区)
35.0kg級 三嶋航太朗(福岡県直方市)[TKO2回39秒]石川翔真(静岡県富士宮市)、森田一生(大阪府大阪市)[ポイント]川本響生(東京都練馬区)
37.5kg級 高野亮司(東京都足立区)[TKO3回35秒]橋本拓斗(福岡県福岡市)、岡山風雅(兵庫県三田市)[ポイント]戸村龍世(神奈川県海老名市)
40.0kg級 福本直人(大阪府大阪市)[ポイント]岩田柚羅(熊本県合志市)
42.5kg級 藤田達也(福岡県福岡市)[ポイント]名嘉眞竜昌(東京都足立区)
45.0kg級 中山謙心(熊本県菊池市)[TKO3回52秒]松本優紀(岡山県倉敷市)
47.5kg級 堤啓至(福岡県古賀市)[ポイント]徳本翔陰(神奈川県川崎市)
52.5kg級 新垣基広(沖縄県浦添市)[KO1回24秒]大野颯士(岐阜県各務原市)
女子30.0kg級 吉田彩花(滋賀県蒲生市)[TKO2回13秒]利光望々花(大分県中津市)
女子37.5kg級 原田美琴(熊本県合志市)[KO1回40秒]伊藤あこ(愛知県豊橋市)
女子42.5kg級 前田宝樹(兵庫県たつの市)[ポイント]片柳歩美(神奈川県伊勢原市)
女子47.5kg級 河合里衣(京都府京都市)[KO1回39秒]黒木春菜(宮崎県延岡市)

【中学生の部】(1分30秒×3ラウンド)
女子40.0kg級 関真絢(大阪府守口市)[ポイント]竹内麻里緒(愛知県名古屋市)
女子47.5kg級 田中鈴華(愛知県豊田市)[ポイント]鈴江咲月(大阪府大阪市)
女子50.0kg級 堤本凛(大阪府門真市)[KO1回21秒]田中歩未(福岡県古賀市)
女子53.5kg級 藤井江梨香(滋賀県草津市)[ポイント]早瀬ひかり(岡山県倉敷市)
32.5kg級 本田信貴(神奈川県横須賀市)[棄権1回終了]鬼木龍太(佐賀県鳥栖市)、尾崎優日(大阪府豊中市)[ポイント]篠田覇時(埼玉県大里郡)
35.0kg級 関拳斗(佐賀県鳥栖市)[TKO3回8秒]富岡奨(埼玉県川口市)、青山思惟(大阪府大阪市)[TKO3回13秒]松本凌(埼玉県児玉郡)
37.5kg級 坪ノ内晴斗(兵庫県三田市)[TKO3回1分3秒]又吉日向(沖縄県宜野湾市)、藤田時輝(神奈川県横浜市)[ポイント]熊野幸志朗(福井県鯖江市)
40.0kg級 吉田勇(東京都板橋区)[ポイント]清水翔真(山口県岩国市)、福岡弘基(大阪府門真市)[KO1回1分27秒]原田一平(福岡県豊前市)
42.5kg級 河合寅太朗(京都府京都市)[ポイント]徳重憲(熊本県熊本市)、星野翔(群馬県太田市)[ポイント]久保貴哉(福井県鯖江市)
45.0kg級 千吉良将矢(群馬県伊勢崎市)[ポイント]新井琉世(兵庫県三田市)、豊永ゆう(熊本県熊本市)[TKO2回12秒]樫谷樹歌(岐阜県各務原市)
47.5kg級 小林龍季(群馬県邑楽郡)[ポイント]大谷新星(大阪府大阪市)、原田真都(熊本県合志市)[ポイント]山下遼(静岡県伊東市)
50.0kg級 野上翔(佐賀県鳥栖市)[ポイント]小山涼介(埼玉県川口市)、奥田隼平(大阪府大阪市)[ポイント]佐野圭祐(静岡県富士宮市)
52.5kg級 染谷將敬(東京都江戸川区)[ポイント]津川龍也(大阪府堺市)、竹見浩史郎(熊本県八千代市)[KO3回1分28秒]今井唯斗(愛知県豊橋市)
55.0kg級 中村龍明(三重県鈴鹿市)[TKO3回24秒]河合杏亮(熊本県合志市)、堤麗斗(千葉県千葉市)[ポイント]新井一颯(兵庫県三田市)
57.5kg級 木谷陸(大阪府大阪市)[TKO2回18秒]金城新樹(沖縄県中頭郡)
60.0kg級 田中空(神奈川県川崎市)[TKO2回42秒]原田俊介(大分県中津市)、宇佐美正(大阪府大阪市)[TKO3回26秒]髙橋海葵(静岡県富士宮市
63.0kg級 井上流星(大阪府大阪市)[KO1回48秒]増田龍哉(東京都八王子市)、吉川拳士朗(福井県鯖江市)[TKO3回28秒]福永拓海(熊本県熊本市)
66.0kg級 仲野玲(滋賀県大津市)[KO1回1分30秒]時吉樹(鹿児島県霧島市)、上原大樹(静岡県伊豆市)[KO1回1分20秒]宮田彪我(茨城県神栖市)

【認定】
小学生 金子理彩(女子35.0kg級)、小池夏美(女子45.0kg級)、横関空悟(男子55.0kg級)
中学生 篠原光(女子37.5kg級) 成田華(女子45.0kg級)、森田理紗(女子70.0kg級)、須永大護(男子70.0kg級)




六島ジムから直人と流星の二人が出場


小学生40kg級に出場の福本直人

緊張でガチガチ

しかし、試合が始まると突進していった

3Rに右ストレートでダウンを奪う

判定へ

直人の判定勝ち

見事

小学生40kg級全国チャンピオンになりました‼️

そして

中学生63kg級に出場した流星

1Rから行く

左ストレートでダウン奪う

その後も攻め右フックでダウン奪いKO勝ち

1R 0分 48秒 KO

見事

中学生63kg級全国チャンピオンになりました‼️

やったね

おめでとう‼️


流星は優秀選手賞も受賞しました!

今年は二人のU-15全国チャンピオンが誕生しました

来年もチャンピオンが出来るよう頑張りましょう


2015.09.01 9月16日(水)は臨時休業です
9月16日水曜日は、向井寛史選手の日本バンタム級タイトルマッチが京都であります
なので、ジムの営業をお休みさせて頂きます。
会員の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。